トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    何も中古車に関してだけとは限らないでしょうが、毎日売却の査定額は変わっていきます。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、車の種類によっては相場がアップしやすい時期や地域性がほとんど決定されてしまうこともあるわけです。

    その一方で、全部の車種に共通しているのは、大概初年度登録から経過した日数が経っていないほど高値になる可能性が高いです。

    実際に売却を決定したらちょっとでも早く決めてしまう方が断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。

    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、車を査定するために要する時間というのは単純に待っているだけの時間を除外すると15分かかるかかからないかです。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとのオークション等の平均額を基にして事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、それらの状態に応じた減額や加算をするとその車の最終的な価格を算出することができるからなのですね。

    出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、一軒二軒の査定で満足せずに多くの会社へ査定をお願いするのが手っ取り早い方法です。

    他社の見積金額を見せて交渉することで車の査定金額が変化する事は珍しくありません。

    一斉に多数の買取業者に見積もり依頼するには中古車一括査定サイトを活用すると便利ですが、この時に異様に査定額が高いところはもしかすると詐欺に遭う可能性もありますから注意するに越したことはないでしょう。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。

    事実を隠すという行動は業者を騙すのと同じことで、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。

    それに事故歴や修復歴を偽るのはいわば告知義務違反ということになりますから、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、車を高値で売却する上で非常に有効な手段です。

    では何社くらいに依頼すれば良いのかというと、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、売却の指針となる相場をつかむことであると同時に、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。

    そこさえ押さえておけば、2、3社でも十数社でも結果的には問題がないということです。

    査定の時に天気が悪かったりすると、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、マイナス点がつかない分、高額査定が見込めるなどと言われますが、買取業者もそれは承知なので、逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。

    そもそも洗車してきれいな状態の車というのは晴天ではさらに美しく見えます。

    天気がどうこうという話では昔から一長一短ですから、雨天査定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、かつ結婚などで姓が変わったり引っ越しなどで住所が変わっていなければ、自動車売却にあたって新規に取得が必要なのは印鑑証明書のみです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて自動車を買うときにも提出が求められますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    中古車売買をする予定ができたら早めに印鑑証明書を取っておくと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    自分の車を売ろうと思っているならば、WEB上の中古車の無料一括査定サイトを利用すると、売ろうと考えている車の価格相場が一瞬で把握可能なので大変便利です。

    相場の値段は把握できますが、実際にいくらの価値があるのかは実物を査定に出してみるまでは知ることができないのです。

    その車の外装や内装の状態、および車検がどのくらい残っているかなどによって、現実の価格はかなり変わってくることが当たり前なのです。

    車売却の際には、無料中古車一括査定サイトで出た金額をあまり過信するのも考え物です。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかし、あくまでも目安ですから、型式が古い自動車の場合には大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    愛車を売ろうという場合には走行距離数が少ない方が有利です。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると調子を崩すことが多くなってきます。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。