トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    自分の持っている車を査定に出すとき、幾らかでも高値で見積もってもらいたいのだったら、相場を知りたいだけでなく、自分は直ぐにでも売りたいんだという思いを前面に押し出すことです。

    暇つぶしに査定はしてもらうが売るのはもっと先になるだろうという人よりも、そうと決まれば直ぐに売却可能ですという相手の方が業者にとって有益なのは間違いないでしょう。

    即決する可能性があるとわかると、他店に行かれないようにきっと見積金額を高くしてくれるでしょう。

    何も中古車買取査定の場合だけに限ったことではなくて、どんな分野でも同様のことが言えるでしょうが、ネガティブなレビューは存在します。

    一個や二個の悪い否定的な意見が見つかっても、そのコメントだけに振り回されると最終的には何も手に付かずということになるかもしれません。

    口コミはほどよく参考にする程度にして、思い切って無料見積もりを申し込んでみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることが最良の方法となるに違いないのです。

    大手の中古車販売店では大衆向けの中古車査定アプリを出しています。

    でも、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でもこれを使うことによって中古車査定がたやすく出来るようになります。

    このプロ向けのアプリと専用の機械を同時に使うことで、査定しようとしている車の以前に修理していたかどうかが瞬時に分かってしまう機能がついている場合がたくさんあるのです。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、自分で買取業者を探して売る場合は、多少なりとも空白期間ができることもあります。

    代替交通機関がないときは、訪問査定等を申し込む際にまず代車が必要である旨を伝えておきます。

    会社や店舗ごとに台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    店側は期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    売却を漠然と考えているのであれば、このチャンスを逃す手はありません。

    それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格もどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    実際には製造年からカウントするのでなく、その車が初めて登録された年数ですから気をつけてください。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると元の価格とは比べ物にならないほど安くなってしまいます。

    売っても儲けは僅かでしょうが、裏を返せば、買う人からすれば10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    基本的に改造した車は車検を通すことができませんが、このような車でも査定してもらって買い取りに出すことは可能です。

    但し、普通の買取専門店では必ずしも買取可能だとは言い切れませんし、査定額が期待できない事を肝に銘じておいた方が良いかも知れませんね。

    改造車を売ろうと考えているならばきちんと知識があって、独自の販売ルートを持っている改造車専門業者に持って行くのが良いでしょう。

    程度にもよりますが、一般の買取店では出せないような高い査定額を提示してくれる可能性があります。

    3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    中古車市場で車を買いたい人が多くなる時期にはつられて買取金額の相場もアップします。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、その車の価値が下がってしまう方が大きくなる場合も充分考えられるのですね。

    思いつく限りの業者を当たってみてもほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    複数業者にタダ同然の査定結果をつけられた車も、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。

    そうした業者の取り柄というと、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、車の処分にかかる費用が無料で済むというところです。