トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    中古車を査定してもらうときに、ちょっとでも高値で査定してもらいたい場合、取り敢えず査定するのではなくて、直ぐに売りたいという気持ちを強くアピールすることです。

    何となく査定してもらうけども車を実際に手放すのは先になるだろうという相手よりも、話が決まれば今すぐにでも売却しますという売り手の方が買取業者にとっては有益に違いありません。

    即決する可能性があるとわかると、ほかの業者に逃すまいと高めの見積もりを示してくれるかもしれないでしょう。

    WEB上で確認できる車の査定額は、あくまでも簡単な査定方法にて導いた金額になっています。

    たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車により状態は違って当然ですから、その車ごとの査定額はその車を目前でチェックしなければ算出できないのです。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が実際の売却時に提示されるとは限らないので、気を付ける必要があるでしょう。

    これは中古車査定の場合だけではなくて、ジャンルの如何にかかわらず言えることですが、口コミには否定的なものが絶対あるのです。

    数個の悪い口コミを発見しても、それらの悪い口コミにだけ左右されると結局のところ何も申し込めない事態に陥ります。

    レビューはあくまでレビューとして参考にするだけで、頑張って無料査定をしてみて、査定時に自分で持った感想で判断していくことがより良い選択ができる要となるのです。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    そのまま廃車にするか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るわけではなく、利用できるパーツごとに販売するなどして商売しています。

    つまり、よそがやらない手間をかけているためにワケありの車もそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。

    また、廃車手続きの代行も行なっています。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、売却後に業者のほうで今の流行に合ったタイヤにつけなおして売るのが極めて普通に行われているからです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額は所有者が思っているほどは「ない」ということです。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。

    査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定士はそのチェック項目に従って車の価値を算出していきます。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    実際に見るポイントというと、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、バレずに済むはずがありません。

    中古車査定をするうえで、キズや凹みが目立ってしまうと査定額がダウンするのは避けられませんね。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    修理の腕に長けていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしても専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良いわけではありませんから気をつけてください。

    きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、修理に出す手間がかかる上に割に合わない結果となってしまうからです。

    新しい車を買う時に古いほうをディーラー下取りに出すことがあります。

    車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると時間も労力もかなり減らすことができます。

    そのかわり、ディーラー下取りと中古車屋の買取を金銭的な損得で比較すると、ディーラー価格は業者価格より安くなってしまうのは確かです。

    利益は多い方がいいというのであれば、買取業者に査定してもらった方が、満足のいく結果が得やすいです。

    自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、ディーラーに下取りしてもらう方法、少々大変かも知れませんが自分でオークションに出して売ることも可能です。

    オークション出品の際には、これから売却する自動車の写真や内容の説明を可能な限り理解しやすく記載することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    それから、実際に契約する前に実物を見てもらうことも重要です。

    また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きができるというものです。